猫ヴィレッジ

いつか猫と田舎暮らし

無職での賃貸はできれば避けたい

できれば無職での部屋探しはやめた方がいい

昨日の続きなのですが・・・

 

賃貸に関して、大事なことを書き忘れていました。

 

部屋を借りるとき、無職の状態はできれば避けた方が良いです。

ロクな部屋を紹介してもらえませんし、不動産会社からヒドい扱いを受けて傷つくかもしれないからです。

 

四半世紀も前に私が経験したこと。

家余りの今は違うのかな~?

 

それでも無職だと不利になるのは、今も昔も変わらない事実なのでは?と思っています。

 

初めて家を借りたとき。

当時私は無職だったのですが、バブル時代に一生懸命働いたので一応お金は持っていました。

中古のマンションはなんとか買える貯金でした。

 

だけど、その当時マンションを買うとか、それほどの決断をすることは私にはできませんでした。

自分の未来がどうなるのか、まったく予想ができなかったからです。

結婚するのかもしれない。

このまま、一人なのかもしれない。

 

なのでとりあえず、ひとりで暮らす居場所が欲しい。

その気持ちだけで、部屋を探していました。

 

しかし部屋を探すとなるとなかなか難しいものがありました。

いくらお金を持っていたとしても、無職だと不動産会社に相手にもしてもらえなかったのです。

無職だということだけで、丸っきり信用も無く部屋など紹介してもらえなかったのです。

 

結局、兄のツテで何とかひとり暮らしに漕ぎつけることができましたが、兎にも角にも無職の状態で部屋を探すのはやめた方がいい!

このことだけは骨身に沁みて思い知りました。

 

ひとり暮らし、いいですよ♪

ひとり暮らしをしてみたい。

自分の力量で、全てのことを賄ってみたい!

自分が稼ぐお金で、生活していく。

 

私がひとり暮らしを熱望した理由でもあります。

同じような気持ちをお持ちの方は、ひとり暮らしを経験してみましょう。

 

そのとき部屋を探すのは、ぜひとも何らかの職を得てからにしてほしいと思っています。

 仕事を決めて、住む場所を決めて・・・。

 

その後、その職場を辞めることになったとしても、後はどうにかなるのではないのかな。

 

とりあえず仕事に就いて、それから自分の居所を確保する。

そしてその後は、場合に応じて動けばいいのではないかなぁ・・・と、思います。

 

 

f:id:kei-k2:20201007211802j:plain

う~ん、ボクもそれはやめといた方がいいと思うなぁ