猫ヴィレッジ

いつか猫と田舎暮らし

塞がったピアスの穴を復活してみた

ピアスの穴を復活してみよう

ピアスの穴を開けてみたものの、ピアスをしないまま時を過ごしてしまった方。

結構、いらっしゃるのでは?

 

私もそうなのです。

開けてみたものの、いつの間にか意識する存在ではなくなっていました。

 

面倒さもあるのかな?

 

だけど、ちょっとした気まぐれもあってピアスの穴を復活してみることにしました! 

懐かしのピアス 

今から20年以上も前。

私が30代の頃にピアスが大流行しました。

 

新しもの好きの私は、流行りに乗っかってピアスの穴を開けました。

その頃、住んでいたアパートの近くの皮膚科に行った覚えがあります。

 

穴を開けたい場所を自分で決めて下さい・・・とボールペンを渡されました。

穴を開けた後から、あーだこーだ言われたくないんだろうなと思ったことを覚えています。

 

後処理も1か月ほど大変でした。

耳やピアス本体の消毒をマメにしなくてはなりませんでした。

 穴を開けて1、2年はピアスをすることを楽しんでいたと思います。

 

あれから20年以上が経ちました。

ピアスをしないまま、時は過ぎていたのですが

そうだ、ピアスしてみよう!と思い立ってしまいました。

 

会社の、隣の席の美人さんがピアスをいつもしていまして・・・。

そういえば、私もピアスの穴を開けていたんだ!ってことを思い出しました。

 

クローゼットから大事に保管していたピアスを取り出しました。

無くしたピアスはたくさんあります。

保管していたピアスも、二つ揃ってないものもあります。

 

そして、その中から青い石のピアスを選びました。

軸の部分(ポストというらしい)が一番細かったからです。

ピアス復活

右耳はホールがきちんと完成していたのでわりとすんなり通すことができました。

しかし、左耳は通らない。

耳たぶの三分の一くらいから先が押し返してきて通りません。

 

実は、今までにもピアス復活に挑んだことはありました。

でも、右耳は通るものの左耳はどうやっても通らない。

これはもう、皮膚科に行って開けなおしてもらうしかないなと思っていました。

 

ところが今日、心を鬼にしてエイヤっ!と押し込んでみたところ、何と嬉しいことに通すことができたのです。

皮膚科に行かなくて済みそうです。

でも、ジンジンします。熱も持っているみたい。

なので、このまま数日様子を見てみることにします。

 

いずれにしても、ピアス復活。 

ちょっとお洒落になった気がします。

 

明日。

誰か、気付いてくれるかな?

f:id:kei-k2:20201001205402j:plain