猫ヴィレッジ

いつか猫と田舎暮らし

男の子もなかなか良いのでは?と思った回想録

子供とは今まで縁も無く、たぶんこれからも無いでしょう。

 

子供。

男の子よりはやはり女の子♡

女の子が居るとそれだけで楽しいのは容易に想像がつく。

だって小っちゃいころに洋服を選ぶことだけで、それはもう楽しそうではないですか。

同性だからいろいろな話ができそうだし。

すみません、子供の居ないヤツの勝手な妄想だと思って下さい(笑)

 

だけど、男の子は?

 

私には兄と弟が居ます。

そうです。私は真ん中の憎まれっ子なんです。

私がもし男の子だったら、たぶんグレてたと思います。

だって男の子三人ですよ!長男は大事にされるし、末っ子は甘やかされる。

中子はグレるしかないっしょ。

私は女の子で、たぶん少々は救われたような気がします。

 

話が逸れましたが、自分の子供として男の子を想像するとき、やはり一番に出てくるのは実の兄弟です。

 

しかしながら、実態を知っているだけにあに・おとうとのような子供は決して持ちたいとは思いません。

あに・おとうとでなくても男の子って反抗期とか大変そうだし、やたら面倒くさそうな気がしません?

 

でも、男の子を子供に持つって案外良いことなのかも?と思える経験をしてきましたので、是非その回想録を。

 

見出しが何やら意味深になってしまいましたが、気にしないで下さい。

そして気が付いたのですが、私、昔話ばかりしている(笑)

それだけ年を重ねてきたってことなんでしょうかね。 

男の子の回想録 その1

これは今の住居に落ち着く前のことですから6、7年は前のことです。

 

今と同じく長距離を自転車で通勤していて、ある日、自損事故を起こしてしまいました。

 

道路と通路を区切っている、照明灯付きのポールに自転車をかすってしまったのです。

 私は派手に自転車ごと転んでしまい、前かごの荷物が散乱しました。

 

今でも少しだけ覚えていますが、自分が横転して地面に叩きつけられる、あの感じ。

事故に遭うって多分こんな感じなんだろうな、と短い瞬間に思いました。

 

 ボー然としたあと、平然を装う私。

人間、やっちゃった後は、何故かヘーゼンを取り繕いますよね。

 

そこへ、男の子、登場!

たぶん高校の初年級あたりか?

 

散らばった荷物をさささっと取り纏め、自転車で派手に転んだばかりの、ヘーゼンを気取ってるおばちゃんに手渡す。

 

「大丈夫ですか?」

の、甘いセリフ付き。

そして、何事もなかったかのように去って行きました。

 

感動しない、おばちゃん。

この世に存在すると思います?

男の子の回想録 その2

今はアマゾンプライムビデオにお世話になっているので、レンタル屋さんには全く通わなくなりました。

 

足繁く、レンタル屋さんに通っていたころのこと。

これも多分3、4年前になるのでしょうか?

 

自転車を降りてDVDのレンタル屋さんに入ろうとしたときのこと。

 

6、7歳の男の子がお母さんのために、重いドアを開けて待っていました。

あたりまえのように入っていく、若いその子の母親。

 

それほど普通のことだったのだと思います。

 

そして。

そして、その子、どうしたと思います?

 

なんと、私のためにその重いドアを支え続けたんです。

 

私が無事お店に入ったことを、ちゃんと確認してからドアから手を離したんです。

 

おばちゃん、感激しました。

なんていう教育を、その若い母親はしているんだ!と思いました。

いや父親が日頃からそうしているから、その背中を見ていたのかもしれないですね。

 

おばちゃんは、とてもとても嬉しかった。

何年経っても忘れていない。

 日本もまだまだ捨てたものではない 

日本の男の子たち、自信を持っていいと思います。

こんな男が居る、日本もまだまだ捨てたものではないと、私は思う。

 

しかしながら、こんな男の子たちとは縁が無い私。

 

だけど、そういえば私の元にも男の子が居た。

人間の男の子は持てないから、ツーで我慢しようっと♪

 

 

 

 

f:id:kei-k2:20200709201937j:plain

あんた、さっきまた要らんこと言ったやろ。。。